治験,すぐに,バイト,即日 治験,すぐに,バイト,即日

治験のバイトって危なくないの?すぐにお金がもらえるって本当?

治験,すぐに,バイト,即日

治験のバイトと言うと高額の報酬がもらえる事から「危ないんじゃないか」と思ってしまいますよね。それでも、やりたいと思う人はたくさんいて、募集をはじめるとすぐに埋まってしまう人気の治験バイトというのもあるそうです。中には治験だけで生活している人もいるというのですから驚きですね。

なぜ治験のバイトは高額がもらえるのか、人気治験とはどんなものなのか、本当にすぐにお金がもらえるのか調べてみました。


 

 

 

すぐにお金がもらえる治験バイトとは

 

日本の製薬メーカーが開発した薬を販売するためには、厚生労働省に承認・認可してもらわなければいけません。これは、法律で決められていることで、どの薬に関しても、どんな有名な製薬会社でも必ず行わなければいけないことです。
そのためには、新しい薬と認められる前の医薬品の候補を、実際に治療される病気を持った人や健康な人に与えて、副作用があるか、あった場合はどのような副作用か、どの程度で副作用が現れるのか、どんな条件下で現れるのかということを確かめなければいけないのです。
副作用だけでなく、医薬品の候補がどのくらい効果があるのかというのも確かめる必要がでてきます。この治療をかねた検査を縮めて「治験」と言うのです。治験のバイトと一般的に言われていますが、治験は基本的にボランティアで行われる事になっています。
治験が終了した後にもらえるのは、交通費と負担軽減費という名目になっています。バイトというと時給や日給を想像するでしょうが、治験の場合は相場があるようで無いものなのです。

 

本当にすぐにお金がもらえるの?

この治験に参加した時の「負担軽減費」は、終了するとすぐに支払われるという口コミで、治験バイトに興味をもつ人が多い理由のひとつです。急にお金が必要になった時などに、治験でお金を稼ぐなんて事が出来るのでしょうか。
本当に終了したらすぐにもらえるのかいくつかの治験の登録サイトで調べてみましたが、治験の「負担軽減費」の支払いは登録した治験情報サイトによって、終了日に手渡しですぐにお金がもらえる物と、数日後に振込で支払われるものの2つのケースがあるようです。即日でなくても、数日後には振り込まれるのですぐに貰えると言ってもいいんじゃないでしょうか。

 

治験バイトはまず登録が必要!

治験をやってみたいと思ったら、まずは登録が必要です。おすすめの治験バイトの登録サイトは3つありますので参考にしてみてください。

 

治験に登録するならこの3つがおすすめ!

 

治験情報団体として有名なのが、この株式会社ヒューマンリンクでしょう。ネット上でもこのサイトから登録して治験の体験をした人の体験談をたくさん見かけます。団体名はV-NETという大阪の企業です。こちらの名前で見かけた人もいると思います。多くの人が登録をして実際に治験者としてボランティア活動をしているので、実績がある事から安心して登録する事が出来るでしょう。


 

こちらは東京にある医学ボランティア会である株式会社パシフィックグローブが運営している治験情報サイトです。こちらでは、青汁などの健康食品や、新しい体脂肪計、禁煙器具モニターなどの募集を大きく行っている部署であるようです。薬と違ってトクホの健康食品の候補をモニターするボランティアです。バイトしてもらえる「負担軽減費」は、入院して薬を飲むタイプと比較すると安くなってしまいますが、副作用の心配が大幅に軽減されるのが魅力です。
新しいサプリメントを試してみたいと思っている人には、ぜひ登録してみて欲しいボランティアです。


 

上のJCVN治験ボランティアと同じ会社が行っている、新薬に対する治験を大きく扱っているサイトがこちらの株式会社パシフィックグローブのページです。治験のボランティアに登録すると、定期的に健康診断を無料で受ける事が出来るようになります。
治験の薬候補を服用するには、直接治療が必要な患者の他、健康体な人でなければいけないという決まりがある場合もあるからです。健康診断を毎年受ける事が出来ないフリーランスやバイトで生活している人などには、自分の健康管理までしてくれるありがたいバイトと言えますね。


 

登録できる人に決まりがある場合も・・・

治験,すぐに,バイト,即日

治験のバイトで対象になるのは、日本人に限られます。ハーフやクォーターなども参加することが出来ません。また、成人ずみの男女であることも登録者の条件になっています。

この他、治験の内容によってはBMIの値が決められていることが多いです。太りすぎ、痩せすぎの人は申し込んでも参加できないことがあるので、注意が必要です。また、喫煙者もはじかれてしまいますし、検査の前にラーメンを食べたら血液に油が多いと落とされたという話も聞きます。
どうしても参加したい治験があるならば、数日前から自分の体調は万全にしておく必要があるんですね。


なぜ治験は高額のお金がもらえるの?

治験のバイトで高額のお金が支払われる場合は、入院になることが多いでしょう。治験で支払われるのは「負担軽減費」ですから、24時間拘束されるという負担が増えれば増えるほど高額になるのです。
病気ではない入院ですが、その行動は普通の入院患者と同じで病院に管理される事になります。健康な人がじっとおとなしくしているのは辛いですよね。その辛い分だけお金を多くもらえるという認識で良いでしょう。
また、多少の副作用がある場合もあるという点でも報酬に色がついていると思っておくのも良いでしょう。

 

治験バイトって危ない事はないの?

治験,すぐに,バイト,即日

日本で行われる新薬の治験でも、海外での治験が行われた後での最終のモニターという形だから、そんなに危ない事は無いのです。

市販されている薬でも、体調が悪かったり、飲み合わせでは副作用の危険がでてきます。治験でも副作用の心配は必ずあると思って良いでしょう。しかし、病院で治験を行う事によって何か体に変調があった場合でもすぐに処置が行われる事になります。
体験者の中にも、頭痛があったり、吐き気や眠気が起こるなど軽度の副作用らしきものを感じた人もいるようですが、実際その治験による副作用なのかどうかは誰にもわかりません。
とてもひどい体調になった場合は、その人の対する治験は直ちに中止され、治療、または帰宅をする事が出来ますので安心できます。


治験バイトってどんな事をするの?

治験でも入院せずに即日で受けられるものもあります。それらは、病院に言って血液検査を受けたり、尿を摂られたり、薬を飲んだりなど簡単なことが多いです。人が多いと待ち時間が長いから、そのぶんお金がもらえるバイトなんだなという認識で良いと思います。
こういう手軽な治験については、運がよければ当日にすぐに受けて、即金でお金をもらって帰るということも可能な場合があります。すぐにお金が欲しい時などは、このようなものを探してボランティアに参加してみるのも良いでしょう。

 

治験,すぐに,バイト,即日


治験での副作用について

治験,すぐに,バイト,即日

実際に治験を受けた人を調べてみたけれど、頭痛や吐き気などを感じた人もいるようです。

しかし、薬を飲む治験でも1/3はプラシーボ効果のためにビタミン剤などを飲む事になっていて、病院側でもそれが誰の薬かはわからないので、本当に薬の副作用なのか単に思い込みによる症状なのかはわからない事が多かったです。後々まで後遺症が残るような副作用の体験者は見つかりませんでした。


もしも副作用が出たらどのくらい保証してもらえるのか

治験の募集では、もしもの場合にも副作用の治療はもちろん無料でやると謳われていますので、治療費がかかるような心配は全く不要です。

 

実際にどのくらい報酬がもらえるの?

 

先程から入院が報酬が高いというお話をしてきましたね。受ける治験の内容によって、負担軽減費も幅があるので、だいたいの金額の目安となってしまうのですが、入院で1日2万程度、通院で1日1万程度といった感じで考えて良いと思います。
日帰りの治験でも、拘束時間によって金額が変わる事もありますので、もう少し安い場合もあります。

 

女性でも受けられる治験て無いの?

治験で高額な物は男性に限定された物が多いですよね。女性でもすぐにお金がもらえる治験は無いのか調べてみました。

 

女性も出る気治験はモニターが多い

治験,すぐに,バイト,即日

・健康な方対象!サプリメントお試しモニターin大阪
・血糖値が高めの方対象!サプリメントお試しモニターin大阪
便秘が気になる方大募集!!サプリメントモニター
・女性限定♪目尻のシワが気になる方の美容化粧品お試しモニター
・38℃以上の高熱が出てしまったら...すぐ来院!
・花粉症の方必見!!通院モニター
・爪の濁り、爪水虫を放置していませんか?
甘いもの・炭水化物が大好きな方♪健康食品モニター
・【土日も選べる】お弁当つき♪サプリメントモニター

 

もらえる金額は男性と比べて少なくはなるけれど、安心な健康食品や新しいサプリメントなどのモニターが多いのが特徴です。年齢も20代から60代まで幅広く募集されている治験が多く、気軽に誰でも申し込めそうですね。
内服薬は怖いけれど、サプリモニターや、化粧品モニターなら逆にこちらから参加したいと思う女性も多いのではないでしょうか。
モニターになって謝礼までもらえるのですから一石二鳥と考える人も少なくないようです。

 

治験,すぐに,バイト,即日


治験に向く人・向かない人

治験と一口に言っても、薬を飲んで採血する物から貼り薬、目薬、健康食品、サプリメントまで様々です。健康食品のモニターなどは、向き不向きなどなく誰でも出来るでしょうから、ここでは、高額な入院の治験について向き、不向きを見ていきます。

 

入院治験に向く人

・無料で健康診断を受けたい人
健康診断を自分で受けるにはお金がかかって毎年するのは無理という人もいますね。そんな人は治験モニターに登録しておいて、健康診断を無料で受けるのはどうでしょうか。治験の内容は自分で選ぶことが出来るので、受けたい治験だけ参加申し込みをすれば良いのですから心配は避けられるでしょう。
現在ニートやフリーターで健康診断を受ける機会がない人は、参加した方が良いでしょう。

 

・時間がある人
入院治験は2〜3日から1ヶ月以上拘束される場合まであります。それぞれ入院で24時間しっかり管理されますので、その間は他の事は出来ません。土日だけという治験もありますが、基本的に時間に余裕のある人の方が向いています。

治験,すぐに,バイト,即日

・のんびりした生活がしたい人
入院治験は基本的にベッドで安静にしている事が求められます。じっとしているとストレスが溜まるような人よりも、のんびりと本を読んだりスマホをいじっている事の方が好きな人が向いています。

 

・病気治療に悩んでいて新薬を試してみたい人
闘病生活が長く、今の薬に満足出来ていない人は、いち早く新薬を試してみるチャンスとも言えます。自分の病気治療のために治験に参加する人も少なくありません。


入院治験が向かない人

・忙しい人
入院しなければいけない治験は、時間がない人には向きません。特に30代男性の治験参加者が圧倒的に足りなくて、入院治験が高額になってしまうのはこのせいとも言われています。

 

・副作用が心配な人
新薬に限らず、薬には副作用がある物です。副作用の心配が全くない薬はありません。同じ人でも体調によっては薬による影響が出る場合もあります。それでも、副作用が怖い、絶対に嫌だと思う人は治験はやめましょう。

 

・健康管理が苦手な人
入院治験は誰でも出来るわけではなく、BMIの値や健康状態など厳しい審査もあります。特に治験の前には厳しい健康診断があり、その段階で落とされる人もいます。普段から健康管理が出来ない人は、治験に参加することも難しくなるでしょう。

 

厚生労働省等のサイト

厚生労働省

治験について

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

治験情報の公開

国立がん研究センター 中央病院

新薬の治験と臨床試験について(患者さん向け)

 

まとめ

高額な報酬が、バイト終了後にすぐに貰えるという治験バイトについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?治験はバイトではなくボランティアで、報酬ではなく「負担軽減費」(と、交通費)という形でお金が支払われるという点に注意してください。
高額な治験バイトで求められる年齢と性別は30代男性だそうです。入院したり、薬を飲んだりということを一番しづらい忙しい年代ですね。もし、自分がこの年代や性別に当てはまるという人は、高額バイトになる可能性が高いので、抵抗がなければ参加してみてください。
女性の治験は安全性の高い商品モニターが多かったので、主婦の方も参加しやすいのではないでしょうか。子供がいて外に働きに行けないという人の、ちょっとしたバイトにおすすめです。
治験バイトは怖いというイメージがある人が多いでしょうが、内容を選ぶことで割の良いバイトとして活用できるでしょう。

 

治験,すぐに,バイト,即日